2013年6月30日日曜日

ヤマアラシの赤ちゃんが産まれました!

インドタテガミヤマアラシの赤ちゃんが、6月16日(日)に産まれました。



朝、飼育員が室内の扉を開けると、小さな塊が動いていました。

お母さんのナデシコは当園に2009年に来園してから

7頭の赤ちゃんを産んで、無事に育てました。

お父さんのヤマトと相性ピッタリのおしどり夫婦です。

生後2日目の赤ちゃん
今回産まれたのは1頭。


赤ちゃんは生後3日目くらいから、もう親と同じエサを口にし始めます。

ヤマアラシは怒るとブーブーと声をあげ、後足をふみならしながら、

針を逆立て「ガサガサ」と警戒音を出します。

それでも退かない時は後ろ向きのまま敵に向かっていきます。

ヤマアラシの針
針先がかぎ状になっていて、刺さるとなかなか抜けず、

死に至る場合もあるそうです。

そんな怖い一面もあるヤマアラシですが、赤ちゃんの時から防御行動をします。

親の威嚇と違い、迫力がなく、全然怖くないのですが、赤ちゃんは必死に

「タンタン」と足踏みをして音を立てながらお尻を向けて向ってきます。


担当者は毎日掃除している時にお尻を向けられるそうです。

思わず顔がほころんでしまいますね。


インドタテガミヤマアラシは国内でも飼育している動物園が少なく、

東京で見ることができるのは羽村市動物公園のみです。


親子にぜひ会いに来て下さいね。


※親子は、寝室と展示場を自由に出入りしていますが

  ご覧いただけない事がありますのでご了承下さい。





標語コンクールに応募しよう!

当園では動物愛護の標語を募集します。

期間は、7月1日から7月31日

昨年、なんと当園から応募されたお客様の標語が銀賞を受賞しました。

受賞した作品はこちらです↓        

   動物も 人と仲良く 暮らしたい



アンケート用紙は入口の券売所とサービスセンターに置いてあります。

記入し終わった応募用紙はサービスセンターに提出して下さい。

当園にご来園の際は、ぜひ応募してみて下さいね!



主催 公益社団法人 日本動物園水族館協会
動物愛護に関する標語コンクールの趣旨に賛同し実施します。
主催者より、8月30日発表、受賞者には賞状とメダルを贈呈します。









2013年6月23日日曜日

土日祝限定イベント、モルモットスロープ!

モルモット・ヒヨコのいるどきどきハンズオンでは、

土日祝日限定でイベントを行っています。


動物とのふれあいは15時までですが、

その後、モルモットがスロープを使って室内展示場に帰っていく姿を見ることができます。


皆さんにも手拍子と掛け声で参加して頂きます。


「1・2・1・2!!」の掛け声でモルモット達はおうちに帰って行きます。



モルモットがお家に帰った後は外から室内をご覧いただけます。

日によってはこんな面白い光景を見ることができるかも!?

ハート形でエサを食べるモルモット達
※モルモットの体調によってイベントを行わない場合がございますが、

ご了承下さい。
















2013年6月21日金曜日

キリンのコハネ、放飼場デビューに向けて

昨年6月26日に産まれたキリンのコハネ(メス)は、いよいよ1歳の誕生日を迎えます。



現在、お母さんの小町とコハネはサバンナ園の動物達とは別々に生活しています。

サバンナ園にはシマウマ、オリックスなど様々な動物が混合飼育されていて、

お互いケガをしないようにキリンの親子と分けて展示していました。

昨年の産まれた直後のコハネ(左)
コハネが順調に成長してきたので、6月3日月曜日の休園日、

ついにサバンナ園に出る練習を開始しました。

現在のコハネ(左)

この日は飼育員総出で朝から行いました。


コハネが走り回って柵を越えないように、柵の内側に飼育員が待機します。


扉を開けてしばらくすると・・・・



お母さんの小町だけ出てきました。


しばらくして、やっとコハネが勇気を出して放飼場に出てきました!


動き回るのですが、お母さんのそばから離れないようにぴったりとくっついています。


次の休園日にはサバンナ園の奥まで行くことができました!(^o^)!

この調子で毎週休園日に慣らしていく予定です。

お客様に放飼場でのびのび暮らしているコハネを、

一日でも早くお見せできるように訓練していきたいと思います☆






2013年6月17日月曜日

ロバのアヤメ誕生日♪

6月21日でロバのアヤメ(メス)が、25歳の誕生日を迎えます。


ロバの平均寿命は飼育下では約40~50年と言われていて、まだまだ元気なアヤメ。

飼育員の好き嫌いは性別で判断するようです。

アヤメは男性職員には自分から寄って行くのですが、

女性職員はあまり好きではないようです(t . t)...


柵越しなら「さあ、撫でなさい」と言わんばかりに女性職員にも

背中を突き出すのですが、中に入ると遠ざかっていきます。

若干理不尽な思いをしますが、アヤメが幸せなら女性職員もそれでいいのです。

オオカミのオークみたいに長生きしてほしいですね!

2013年6月16日日曜日

ビーバーの赤ちゃん水泳練習中

6月7日(金)の朝7時20分頃テレビ朝日の「やじうまテレビ!」で、

当園のアメリカビーバーとワオキツネザルの赤ちゃんの放送がありました。


撮影は6月5日に行われました。

ワオキツネザルの赤ちゃんはすぐにいい動画が撮れたようでした。

ビーバーは夜行性なので、昼は寝ている事が多いため、閉園1時間前の3時頃から

撮影することになりました。

やはり、ビーバーはなかなか起きてきてくれませんでした。


スタッフの方々は「また閉園間近に来ます」と、もう一度来て下さいました。

カメラマンのプロ意識を感じました☆

ビーバーにもその想いが伝わったのか、赤ちゃんが走ってプールに飛び込みました!



前日まではお母さんのウメと一緒に泳いでいたのですが、

この日は初めて1人で泳いでいて、担当者も驚いていました。


2匹のうち、1匹は泳ぎが得意でお母さんは放任しているのですが、

もう1匹の赤ちゃんはあまり泳ぎが得意ではなく、不器用に泳いでいるところを

口にくわえられて陸に戻されてしまいます。

やはり兄弟でも個体差があるようです。

これから上手に泳げるようになるといいですね。

泳ぎの練習は閉園間近に見られることが多いですが、

天候や動物の体調によりご覧いただけない場合がありますのでご了承下さい。






2013年6月14日金曜日

七夕「願いごとを書こう」

7月7日の七夕にちなんで、6月15日(土)から7月7日(日)までの間、

スタディーホール前にモウソウダケを設置します。

昨年の様子
来園したお客様には、こちらで用意した短冊に願い事を書いていただき、

自由につけていただきます。





笹につける飾りは、サービスセンターの職員が心を込めて作っています。

製作風景
みなさんも短冊に願を書いてみて下さいね。

書いた願いが叶うといいですね♪

2013年6月7日金曜日

6月花情報

今年は例年より早く梅雨入りしましたね。

今回は、現在見ることができる花を紹介していきたいと思います。

ウェルカムガーデンには、サルビア、ブルーサルビア、マリーゴールド、

ベゴニアなどを植え替えました。

ウェルカムガーデン
日本池周辺ではアジサイが咲き始めました!


こちらはブラシノキ。ビン洗いのブラシそっくりです。


どこにあるか探してみて下さいね。


キンシバイは、緑の葉に黄色の花が映えますね。


サンクンガーデンの周りにはツツジが咲いています。



これ、何の花かわかりますか?


正解は・・・・



バナナの花でした!

ウサギとカメの童話ランドの真ん中に生えてますよ(^o^)/


どきどきハンズオンの反対側のユリが開花し始めました。

ユリにも色々な種類があり、こちらはスカシユリという品種です。






ホタルブクロの名前の由来は子どもが本種の袋のような花にホタルを入れて

遊んだことから来ているそうです。


まだまだ園内には様々な植物や花が植えてあります。

カメラ片手に園内散策を楽しむのもいいですね♪


2013年6月5日水曜日

夜の動物園探検!親子ナイトツアーの募集が始まります!

夜の動物たちの生態を飼育員のガイドを聞きながら観察する

「親子ナイトツアー」の募集が始まります。


普段見ることのできない夜の動物たちの様子を見るチャンスです。


エサを食べる様子や暗闇の中で目を光らせこちらの様子を窺う動物たちの

観察ができる楽しいツアーとなっています。


実 施 日 : 1回目 7月26日(金)

         2回目 8月 9日(金)

         3回目 8月23日(金)

応募期間 :  1回目 6月18日(火)~7月12日(金)

         2回目 6月18日(火)~7月26日(金)

         3回目 6月18日(火)~8月 9日(金)



内  容  : 18時45分から受付開始

         19時15分から飼育員の説明

         19時30分からナイトツアー開始

         20時45分解散
     
         ※天候や動物の体調などにより、


定  員  : 各回60名

対  象  : 4歳以上
 
参 加 費 : 15歳以上         600円

         4歳~中学生まで    350円


応募方法 : 往復はがきに応募事項を記入の上、当園宛に郵送して下さい。

         〒205-0012  

         東京都羽村市羽4122番地

         羽村市動物公園「親子ナイトツアー」係 まで

         応募者多数の場合は抽選となります。

         中学生以下は保護者(20歳以上)の同伴(参加)を必要とします。

応募事項 : 参加希望日 ・ 参加希望者全員の氏名(フリガナ)と年齢(学年) ・

         代表者の住所と電話番号 ・ キャンセル待ちの希望「する」「しない」


ぜひ、夜の動物園を飼育員と一緒に探検しましょう!

みなさんのご応募お待ちしています!










2013年6月3日月曜日

ワオキツネザルの赤ちゃんすくすく【動画あり】

3月26日に誕生した、ワオキツネザルの赤ちゃんはすくすく育っています。






産まれて約1ヶ月は、お母さんのお腹にしがみついていましたが、

徐々に背中にしがみつくようになり、今では一人で遊びまわることも多くなりました。


赤ちゃんは、飼育員に近寄って顔を覗き込んできたり、腕に乗ってきたりと

好奇心旺盛です。

カメラに興味津々です
最近では大人と同じ食べ物も食べています。

ニンジンをほおばる赤ちゃん
かわいい赤ちゃんの動画が撮れたのでご覧ください!

video


ぜひ遊びに来て下さいね♪

※赤ちゃんは隔日で交代しながらの展示となります。

天候や体調によって展示を見合わせる場合がありますのでご了承ください。